リュウキュウアサギマダラ

リュウキュウアサギマダラ

和名/リュウキュウアサギマダラ
科名/タテハチョウ科
学名/Ideopsis similis 

 前翅の長さは45〜50mm、翅の薄水色の紋には鱗粉が無く半透明である。樹林地などで周年見られる。幼虫は、ツルモウリンカなどのガガイモ科植物を食草とする。日本では奄美諸島以南に、世界的にはスリランカ、ミャンマー、北スマトラ、マレー半島北部以北に分布する。アサギマダラのような移動性はなく、奄美大島以北では迷蝶である。沖縄島以北では、気温の低下と共に数百匹に及ぶ越冬集団を形成し、風当たりの弱い谷間の凹地の樹林内で、つるや枝などにぶら下がって越冬する。(撮影者/木村英彰)


Web図鑑で掲載されている写真の著作権は撮影者にあります。
画像データの無断使用・複製・転載・借用等を固く禁じます。

代表あいさつ 代表あいさつ

登録範囲:
環境関連(動植物・大気・水質)の調査解析
建設関連の現場技術(工事監理)、土木建設に関わる設計及び付帯する測量業務、
都市計画及び地域計画コンサルタント業務

カレンダー
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

2018年12月