日没帯食



2010年1月5日、沖縄島で見られた夕陽。'09年7月にトカラ列島などで見られると大きな話題となった皆既日食(太陽の全体が月によって隠される)とは異なり、太陽が部分的に隠される部分日食であった。"日没帯食"とは、太陽が欠けたままの状態で日の入りを迎えることをいう。沖縄県で日没帯食が見られたのは55年ぶりであった。(撮影者/青柳克)
代表あいさつ 代表あいさつ

登録範囲:
環境関連(動植物・大気・水質)の調査解析
建設関連の現場技術(工事監理)、土木建設に関わる設計及び付帯する測量業務、
都市計画及び地域計画コンサルタント業務

カレンダー
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

2018年12月