アオタテハモドキ



和名/アオタテハモドキ
学名/Junonia or orithya
科名/チョウ目タテハチョウ科

前翅長24~27mmで、雄の後翅は鮮やかな青色、雌は褐色。従来より完全な土着地は、西表島、石垣島とされてきた。しかし、土着地以外の採集記録が多く、宮古諸島、沖縄諸島でも記録があり、近年はほぼ連続して発生が確認されている。開けた草地、荒地に多く見られ、各種の花で吸蜜する。食草はキツネノマゴ、ムシクサ、イワダレソウなど。(撮影者/西村雄貴)


代表あいさつ 代表あいさつ

登録範囲:
環境関連(動植物・大気・水質)の調査解析
建設関連の現場技術(工事監理)、土木建設に関わる設計及び付帯する測量業務、
都市計画及び地域計画コンサルタント業務

カレンダー
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

2018年12月