業務案内

環境

 近年、環境への問題が国民の主な関心事のひとつとなり、マスコミで取り上げられない日は皆無となってきました。環境問題を一言で言い表すのは難しいことですが、その原因のひとつとして、大規模事業による環境負荷の増大があげられます。
 弊社では、早くから、このような環境問題に着目し、大規模事業における環境負荷の低減、環境に優しい事業の在り方、環境保全のための提案、地域との連携による環境教育・啓発活動に努めてまいりました。
 環境部門では、環境保全・環境対策を具体化するために、専門的な知識・技術を保有し、環境現況調査、環境予測、保全対策の検討、環境監視調査などを実施することにより、環境を守るための情報を沖縄から全国に提供・発信することを目指しています。

施工管理

 近年、国の機関や都道府県及び公益法人等における大規模公共事業の建設プロジェクトにおいて計画から設計・施工・管理に至るまで各種専門分野で高い知識を有する技術者が求められています。これら公共事業の中枢を担う技術者を官から民へ部門別に一部民間企業に委託しています。
 弊社では、会社設立当初から一貫して専門技術者の育成・教育及び積極的な資格取得等を推進しユーザーの期待に応えられる技術者を育ててまいりました。また、IT技術をいち早く導入し、情報共有による再利用化・業務のスピード、省力化等コスト削減や時間のムダなど徹底して改善してまいりました。
 現場技術・施工管理部門では、これまで培った実績とノウハウを活かし各現場の状況に応じた技術者の輩出と要請に速やかに対応できる体制作りを進めています。

測量・調査・計画

 沖縄県中部、沖縄市知花に明治時代後期に築造された、「メーヌカーガー橋」という石積みのアーチ橋があります。現在この橋はツタが絡まり、経年変化により黒色に変色し、周辺住宅街との調和を保ちつつ重厚な趣を残し町の点景として佇んでいます。自然(環境)と人(社会・歴史・文化)とのゆったりとした時の流れと調和を垣間見ることができます。
 我が国では、戦後、特に高度経済成長期を境にインフラ整備を推し進めてきました。その結果、効率性、利便性を主目的とした公共施設が集中的に建設されました。
 21世紀を迎えた現在、地球温暖化、エネルギー問題等、地球環境に関する問題が世界的にクローズアップされてきています。
 弊社では、これまでのハードを主体とした地域(まち)づくりから地域とその地域の文化を育んできた自然環境との調和のとれたまちづくりのお手伝いを致します。

代表あいさつ 代表あいさつ

登録範囲:
環境関連(動植物・大気・水質)の調査解析
建設関連の現場技術(工事監理)、土木建設に関わる設計及び付帯する測量業務、
都市計画及び地域計画コンサルタント業務

カレンダー
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

2018年05月