自然環境の調査

陸域(森林、河川など)、海域(干潟、潮間帯など)などのあらゆる自然環境を対象とした生物調査を実施し、その地域に生息・生育する動植物相や植生を把握します。また、重要な種や外来生物などの特定生物についての調査、繁殖状況などの生態についての調査、地域における生態系を把握する調査なども実施します。

植物相調査
  • 陸域:種子植物、シダ植物、藻類など
  • 海域:海草藻類、植物プランクトンなど
植生調査
動物相調査
  • 陸域:哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類、昆虫類、陸生甲殻類、クモ型・多足類、陸産貝類、
        底生動物、土壌動物など
  • 海域:魚類、底生動物、サンゴ類、魚卵・稚仔魚、動物プランクトンなど
特定生物の調査
  • 例:天然記念物、レッドデータブック、外来生物などに該当する種など
生態の調査
  • 例:繁殖状況、行動範囲・移動ルートの解明、個体群変動の把握など
生態系の調査
  • 例:食物連鎖など生態系構造、地域の特性などの把握、注目種の調査など
植物相調査 鳥類調査

植物相調査

鳥類調査

昆虫調査 河川調査(魚類、底生動物)

昆虫調査

河川調査(魚類、底生動物)

海域調査  

海域調査

 
代表あいさつ 代表あいさつ

登録範囲:
環境関連(動植物・大気・水質)の調査解析
建設関連の現場技術(工事監理)、土木建設に関わる設計及び付帯する測量業務、
都市計画及び地域計画コンサルタント業務

カレンダー
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

2018年12月