ナナホシキンカメムシ

ナナホシキンカメムシ

和名/ナナホシキンカメムシ
学名/Calliphata nobilis
分類/カメムシ目キンカメムシ科
 
 金属光沢のある緑色に輝くカメムシ。体背面は金緑色であるが、脚は基部が赤く、その先は青緑色と大変派手な色彩を持つ。国内では沖縄島や八重山諸島などでのみ見られ、大きさ2cmほどになる南方系の昆虫である。林内に生息し、初夏から冬にかけて見られる。植食性であり、カンコノキ類やタイワンツルグミなどの植物の葉上や幹の上で群れている。幼虫(写真左)は丸みを帯びた体形で、橙赤色の腹部が目立つ。
(撮影者/青柳克)
代表あいさつ 代表あいさつ

登録範囲:
環境関連(動植物・大気・水質)の調査解析
建設関連の現場技術(工事監理)、土木建設に関わる設計及び付帯する測量業務、
都市計画及び地域計画コンサルタント業務

カレンダー
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

2018年12月